ニキビの原因であるアクネ菌の増加を防ぐには?

洗願をする女性

ニキビの諸悪の権現のように扱われているアクネ菌。正式には「プロピオニバクテリウム・アクネス」と言います。実は、ニキビのない肌の人の顔にもアクネ菌は存在します。

アクネ菌とは?

アクネ菌は、皮膚を弱酸性に保ったり、他の病原菌の繁殖を抑えたりという性質を持っている菌で、肌にとっては必要な存在であります。つまりアクネ菌というのはすべての人の顔に存在する常在菌なのです。

ただしアクネ菌は、毛穴の詰まりが顕著な肌や、皮脂が過剰に分泌している部分に「皮脂」を栄養にし好んで繁殖するという特徴がある為、そのような肌環境をお持ちの人には常在菌のバランスが崩れてアクネ菌が繁殖し、どんどんニキビが増えたり、できてしまったニキビが悪化します。つまり、アクネ菌を増やさないようにバランス状態を保つことで、アクネ菌が原因のニキビが出来るのを防ぐことが出来ます。

アクネ菌を「無くす」のではなく、「繁殖を抑制する」ことを意識するようにしましょう。思春期に入ると男女問わず、男性ホルモンの働きが活発化することにより、皮脂の分泌量が必要以上に増え始めます。その結果、皮脂や汚れがスムーズに排出されなくなり、毛穴が詰まってきてしまいます。

これが思春期における典型的な〝にきび〟となります。先ほど述べたように、「皮脂」を栄養にし好んで繁殖する特徴があるので、皮脂や汚れで詰まった毛穴はアクネ菌の増殖を促し活動が活発化するといえるのです。アクネ菌を抑制する方法としては、いくつか考えられますが、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを除去することがアクネ菌を増殖させない第一歩となります。

ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を防ぐには?

洗顔が最も簡単で効果的です。しかし、過剰な洗顔は肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうので、それを補おうと、かえって皮脂が多く分泌される恐れがあります。その為、洗顔のし過ぎには注意が必要です。朝晩一日二回程度が適切といえるでしょう。

次に自分の肌質に合った洗顔を心がけましょう。

皮脂肌

余分な皮脂を洗い流すことが重要です。洗顔料は、天然系の洗浄成分がおすすめです。ぬるま湯で洗うのは勿論のこと、更に下準備として、蒸しタオルなどで顔を温めておくことにより、毛穴が広がって、汚れや皮脂が落ちやすくなります。洗顔後は、化粧水で潤いを与えて保湿を心がけるようにしましょう。

乾燥肌

乾燥している肌は、保湿成分が入っている洗顔料をお勧め致します。洗顔は優しく丁寧にするようにしてください。決してごしごし擦ったりして、刺激を与えないようにしましょう。皮脂肌と同じ様に、乾燥肌も洗顔後はしっかり潤いを与え、また保湿剤として、乳液や、保湿ジェルなども効果的です。化粧水の後に水分を閉じ込める為にも使ってみて下さい。

まとめ

自分の肌質を知り、余分な皮脂を防ぐスキンケアで、アクネ菌も抑えてニキビ予防を心がけましょう。

 
Facebook
LINE
Google+
http://xn--w8jzcza2482dp7j.biz/2016/07/19/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%8D%E8%8F%8C%E3%81%AF%E5%B8%B8%E5%9C%A8%E8%8F%8C%EF%BC%81%EF%BC%9F%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%8D%E8%8F%8C%E3%81%AE%E5%A2%97%E5%8A%A0%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%90%E3%81%AB%E3%81%AF/">
Twitter
SHARE
Follow by Email
RSS